IT技術が発展してもネットワーク監視が必要!どうして必要?

人が最も信用できるのは、同じ意志を持ち合わせた人

私達が普段利用しているインターネットは、常に人の目によってネットワーク監視がされている事がほとんどです。IT技術が発展している現代においては、自動化によって監視されていると思われている方もいるかもしれません。機器は、意志を持ち合わせていないため、たとえ故障だと気づいても自ら機器を取り替える事は出来ませんよね。人の目によるネットワーク監視がされている事によって、安心をしてインターネットを利用する事が出来るのです。

トラブル時の応対にも対応できる

インターネットは、物理的な処理によって利用されています。多くの人が一度にサーバーに集まれば、多くの処理を行わなければならず、サーバーがダウンしてしまう可能性もありますよね。サーバーを借りている利用者に対して、しっかりと現状を伝えなければなりません。伝える事が出来なければ、信用を失い違うサーバーに移転されてしまう可能性もありますよね。ネットワーク監視業務は、サーバーを提供する側もサーバーを利用する側にも大切な業務の一つであり、半永久的に大切な仕事内容の一つですよ。

負荷に対する監視のみでは無い

一般的なネットワーク監視の業務内容は、サーバーに対する負荷のチェックです。ただし、監視はサーバーに対する負荷のみではありません。悪意を持った人が、サーバーに侵入をして、ホームページなどを改ざんしてしまう事もありますよね。ネットワーク障害の中には、システムエンジニアでなければ対応できない内容も少なからずあります。ネットワーク監視者が、自身で対応できない内容をシステムエンジニアに伝えるためにも、必ず人の目によるネットワーク監視者が必要なのです。

コンフィグ管理ツールは、様々な設定を一元管理出来る便利なアプリケーションです。たとえば設定を一括で変更したり、履歴を保管する機能を持ちます。