ホームページで重要なデザインとはどのようなデザインか

好きな画像を使うよりは関連した画像を使う

ホームページを作る場合には、各ページにそれぞれ意味を持たせ無ければなりません。ですが、ホームページの作成初心者の場合には、なかなかそこまで頭が回らない物です。例えば、自分の好きな画像を使ってしまう人も多いです。それがそのホームページに関係あればいいですが、全く関係ない場合があります。例えば、スポーツクラブのホームページを作るのに、その人が好きな猫の画像を入れても全くイメージが結びつかないのです。集客の場合は画像一枚にも意味を持たせましょう。

そのページをイメージできるような画像にする

では、どのような画像がいいでしょうか。スポーツジムのホームページを作る場合には、会員募集が必要になりますが、会員は一体なにを望んでいるかと言うことを明確にする必要があります。例えば、スポーツクラブに通うことでその人が痩せたいとします。その時には画像もスタイルの良い若い女性が汗を流している画像を利用するべきです。その人がスポーツクラブで汗を流して目標を達成していることをイメージさせることが出来るようになる訳ですね。

ページの中でどこが一番重要?

次に文字や画像の配置についてです。そのページの中で一番重要な文章や画像は左上に置くようにしましょう。なぜなら、人間は左上から読み始メルという習性があるからです。パソコンに出てくる文字は普通横書きなので、まず最初に左上に注目する人が多いのです。また左上から左下に目が行きますので、左の方にそのページをイメージさせる画像を貼り付けてもいいかもしれません。ただし、自然な感じで配置をすることが重要ですので気を付けてくださいね。

レスポンシブデザインとは、ウエブデザインの方法の一つです。色々な機器や画面に、単一のファイルで対応できます。表示をする機器や画面に、最もよい状態で表示されるよう、一つのファイルを作成して送信します。