ネットワーク監視って何?ネットワークに関係するお仕事の裏話を解説します!

ネットワーク監視のオペレーターとは

ネットワーク監視の仕事の一つは、いわゆるオペレーター業務です。ネットワークを構成している様々な機器や、ネットワーク上における異常がないかを監視する仕事です。異常を伝えるアラートを検知したら、しかるべき手順に従って関係者に連絡を入れる、あるいは詳細を確認して情報伝達を行います。そのネットワークの規模や重要度にもよりますが、場合によっては24時間365日、交代で監視をしていることも珍しくはありません。やるべき作業については、事前にマニュアル化されていることが多い反面、決して見逃しや不手際があってはいけないという、縁の下の力持ちでもあります。

世界各地で戦う技術者たちもいます

オペレーターによって異常が伝えられたら、当然ながらその問題を解消させなければなりません。より高度な技術を有する、ネットワークエンジニアと呼ばれるような担当者が対応に駆けつけます。彼らに求められるのは、知識や経験に裏打ちされた迅速かつ正確な対応です。単純な機器の故障もあれば、全く未知のバグによって発生するケースも稀に発生します。このため、原因究明をつきとめるまで不急不眠の対処に追われることもあり、体力と知力の両面を備えてなければならないハードな仕事です。今やインターネットが存在しなければ成り立たない社会になりましたので、こういったエンジニアは世界中で活躍しているのです。

ネットワークの技術は日進月歩

監視業務なんて、見守っているだけでしょう?なんて勘違いをしてしまう人も中にはいるかもしれませんが、毎年新しいスマートフォンが発売されていくように、ネットワークの技術も日々発展を遂げています。より沢山のデータを転送できる、より安全にやりとりできる、そんなことを実現するために、ハード・ソフトの両面で開発が続けられているのです。このため、数年も経てば当時は新しかった技術は古い物として扱われ、当然ながら技術者たちは常に新しいものを受け入れる努力をしなければなりません。「新しいから分かりません」なんて言葉を口に出してはいけないのです。多くのユーザーには見えない日陰の部分ですが、彼らの存在なくして、現代社会は成り立たないと言っても過言ではないでしょう。

ネットワーク監視とは、コンピュータがつながっているネットワークが、正常に動き続けるように監視するシステムです。