動画配信をしてみたい!?何をすればいいの!?

動画配信は今では誰でも始められるものになっています

動画配信と聞くと何だか難しそうに見えますが実はとても簡単なんです。個人でアップロードが可能な動画サイトは探せばいくらでもあるので簡単に始められますよ。現在ではほとんどの動画配信サイトがストリーミング再生という手法を用いています。これは動画をダウンロードしながら再生する方法で、全てダウンロードし終わる前に再生が始められることが特徴です。つまりファイルを全部ダウンロードしてから再生するより待ち時間が少ないんですね。

動画を作る前の注意点:肖像権・著作権

どんなものを作ったか決めたら動画を作って配信するだけなのですが、動画を作るにはいくつか注意点があります。例えば他人の顔を勝手にネットにアップロードしないことです。背景で人が歩いているなどの場合はその人の顔がはっきり映るような動画はやめておきましょう。また、動画に使う音楽などは著作権の問題があります。素材サイト等の規約を守れば自由に使っていいものを使うとよいでしょう。動画サイトによってはCDの音源を使える場合もあるのであらかじめ確認しておきましょう。

動画作成ソフトでこんなことができる

動画を作るにはいくつか方法があります。ビデオで撮影したものを動画にすることもできますし、静止画をスライドショーのようにして動画を作ることもできます。こういった動画を作成するには動画作成ソフトを使います。ビデオで撮影されたシーンの一部を切り取って音声だけを差し替えたり、複数の静止画を順番に表示してパラパラ漫画を作ったりできます。また、1枚の静止画をスクロールさせたりとまるでアニメのエンディングのような動画も作ることができます。

今まではデータを一度パソコンに落としてから映像を再生することが一般的でしたが、ストリーミングはダウンロードしながら再生できます。